第6章 ランドセル素材としての 《クラリーノ》発展の軌跡