クラリーノについて

ランドセル素材・クラリーノの特長

ユー・アンド・アイのオリジナルランドセルには大きく2種類の素材が利用されています。
1つは牛革、もう一つは「クラリーノ」です。約7割のランドセルはクラリーノでできていると言われているほど広く使われているクラリーノ。
今回はそのクラリーノについて特長をご紹介いたします。

クラリーノってどんな素材?

クラリーノは1964年、クラレの作る人工皮革。特にランドセル用に開発したクラリーノは広く知られており「軽さ」や「丈夫さ」、「お手入れのしやすさ」という特長を持っています。

小さなお子様にも優しい軽さ

軽さが特長のクラリーノ。素材を軽量化することによって、ランドセルの軽量化にもつながっています。
ランドセルが重いと子どもたちの肩には負担がかかります。教科書や文房具を入れると、より重くなりますので、ランドセルは軽いに越したことはありません。ランドセル選びでは、お子さまの体にフィットすることも大切なポイントです。

耐久性に優れています、6年間も安心

ランドセル用のクラリーノは、6年間の使用を考え、厳しい基準をクリアした専用の素材ですから永く安心してお使いいただけます。
ベースとなっている不織布層(※)は、伸び縮みしながら引っ張りや引き裂き、折り曲げに対応する特性があります。元気なお子さまの6年間に適した素材です。
※薄い繊維シートを何枚も重ねた不織布を合成樹脂などで接合したもの。

水に強く、簡単お手入れで美しさ長持ち

クラリーノの表面は耐水性のウレタン樹脂。表面が水に濡れても型くずれしたり重くなったりするようなことはありません。軽く拭き取れば、もとの美しい状態に戻ります。
水で薄めた中性洗剤で汚れを拭き取り、硬く絞った布で水拭きしましょう。早めのお手入れがポイントです。

現在ではランドセルの約70%がクラリーノ製

クラリーノ製ランドセルが発売されたのは1967年。以来、強くて、軽くて、長持ちする愛情素材クラリーノは、さまざまなニーズに応えながら、常に最適な素材となるために変革を遂げてきました。現在では、ランドセルの約70%にクラリーノが採用されています。それは、健やかな発育を願う、親から子へ、孫への大切な贈り物として、時代を越えて高く評価されているあかしです。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。