ランドセル130年史

第1章 学習院型ランドセルの起源

国によって様々な通学鞄があるが、箱型で背負い式のいわゆるランドセルは日本独自のもので、その起源は明治20年までさかのぼる。
ランドセルの発祥とされる学習院は、明治10年に制服を採用したが、通学形態は馬車で通ったり荷物を使用人に預けるなど、様々であった。学習院では、「学校では皆平等、家庭環境を教育の場に持ち込むのはいけない」との理念のもと、「学用品は自分の手でもってくる」こととし、持ち運びの利便性から、背中に背負えて両手をあけるのがベストと考え、明治18年から軍隊で使用されていた背嚢を使い始めたと言われる。
明治20年、大正天皇が皇太子の頃、学習院小学校のご入学祝いに、時の総理大臣であった伊藤博文が箱型の通学鞄を献上したが、これがランドセルの始まりとされている。
その後、素材が黒革に決定したのは3年後の明治23年で、明治30年には細かな形状や寸法(縦1尺1寸、横1尺5分、マチ幅2寸5分)などが統一され、いわゆる学習院型が完成した。以降、100年以上経過しても、基本的なスタイルは全く変わっていない。
この伝統を引き継いだ、変わっていないランドセルこそが「学習院型ランドセル」である。

(大峡製鞄株式会社専務)

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。